リョウシンJV 医療費控除

確定申告の医療費控除にリョウシンJV錠は使えるのか説明します

リョウシンJV 医療費控除

 

 

主婦向けに発売されているオレンジページの様な生活雑誌や、ワイドショーなどの情報番組。
そこで最近、2017年に入って新しい医療費控除制度について特集されているのは見たことがありませんか?

 

 

今までは市販薬を購入した代金は、少額ですと所得から控除してもらう事ができませんでした。
しかしセルフメディケーション税制が始まり、市販薬も種類によっては、少額から医療費控除で申請し、還付金を受け取れるようになるかもしれないのです。

 

 

リョウシンJV錠は第三類医薬品に分類されている医薬品ですから、セルフメディケーション税制による医療費控除の対象商品であればとても嬉しいですよね。

 

 

果たしてリョウシンJV錠は、医療費控除を受ける事ができる商品なのでしょうか?
控除を受けるために必要になる事と合わせて、お話させていただきましょう。

 

 

医療費控除特例制度に使えないリョウシンJV錠

リョウシンJV 医療費控除

 

 

2017年から医療費控除特例制度(セルフメディケーション税制)がスタートしますが、その制度にリョウシンJV錠も該当していると思っている人は、実は多いのです。

 

 

肩こりや腰痛の時に使う鎮痛剤の中には、セルフメディケーション税制の対象商品となっているものもあります。
しかしこれらの商品にはある特定の成分が入っているため、セルフメディケーション税制の対象商品として認められているのであって、全ての市販薬が対象という訳では無いのです。

 

 

対象商品は2ヶ月に一度更新されていて、対象商品は徐々に増えていますが、あくまで成分的な条件を満たしているものというのが大前提です。現在のところ、リョウシンJV錠はその条件を満たしておらず、対象商品ではありません。

 

 

もちろん、セルフメディケーション税制は2017年に始まったばかりですので、今後改定されて対象となる可能性もありますが、まだ残念ながらそこまでは進んでいません。今後制度が改定される様な事があれば、こちらで真っ先にご紹介させて頂きますね。

 

 

医療費控除でリョウシンJV錠を申請するためには?

リョウシンJV 医療費控除

 

 

医療費控除には細かく内容が決められており、その内容は国税庁の所得税のページから、「医療費控除の対象になる医療費」を見ていただく事で確認していただく事ができます。

 

 

市販薬に関する事だけを、ここでは簡単に紹介させていただきます。

 

治療や療養に必要となる医薬品の購入にかかった費用の対価。
病気予防や健康増進のために使用するビタミン剤などは該当されません。

 

 

ここから読み取れる事は果たして何でしょうか?
つまり、「治療を目的とした医薬品」が対象商品だということです。

 

 

リョウシンJV錠は腰痛や肩こり、五十肩、手足のしびれ、神経痛、筋肉痛、眼精疲労の改善効果があるとされています。
あなたがこれらの症状を感じてリョウシンJV錠を使用する場合、治療を目的として使っていると言えるでしょう。

 

 

しかし、まだあなたが30代や40代で、将来なるべくそれらの症状に悩まされたくないという事で、「予防」として使用している場合には適用されないという訳です。

 

 

ただ肩こりや腰痛、関節痛や眼精疲労などは、何も加齢が進んで高齢になった場合に限って生まれる症状ではありません。本音と建て前ではありませんが、お役所には誤解されない様に、しっかりと言い切る事も必要という訳です。あなたが「治療」を目的として使っているという事を断言できる場合は、リョウシンJV錠を医療費控除の申請に使用できるのです。

 

 

確定申告をすることで受ける事ができる医療費控除

リョウシンJV 医療費控除

 

 

ただ、誰もが医療費控除を受ける事ができるという訳ではありません。
年収200万円以上の家庭は1年間に10万以上、年収200万円以下の場合は総所得の5%以上の医療費を支払ったという方が医療費控除を受ける事ができるのです。

 

 

リョウシンJV錠を続けて利用する場合、定期購入を選択する事になると思いますが、このおまとめ定期コースで1年間リョウシンJV錠を購入した金額だけでは、到底10万に達する事はできません。

 

 

つまり医療費控除を受けるには、リョウシンJV錠だけでは不十分だという事です。
確定申告にて医療費控除を申請するには、リョウシンJV錠の購入以外にも、通院時の治療費やその際に処方された薬、他に購入した痛み止めや市販薬やなどの購入代金が、合わせて10万以上である必要があります。

 

 

リョウシンJV 医療費控除

 

 

会社に勤めている方は、年末調整で生命保険料控除証明書などを提出する事で還付されていますよね。
ですから医療費控除も同じように、年末調整で申請できると勘違いされている方も多いのです。

 

 

しかし医療費控除は年末調整では申請することができず、確定申告をしていただかないといけないのです。
自営業の方なら確定申告はお馴染みのものかもしれませんが、会社に勤めているという方は確定申告をした事がないという方も多いのではないでしょうか?

 

 

まとめますと、医療費に加え「治療を目的として購入した」医薬品の購入金額が合わせて10万以上(年収200万以下の場合所得の5%以上)かかっていた場合、確定申告を行う事によって医療費控除を受けることができます。

 

 

控除をしっかりと受けるためにも、病院やお薬の領収書などは捨てずに保管するようにしてくださいね。
条件さえ満たせば、リョウシンJV錠も医療費控除に使用することができますから、安心して使用してみてください。
リョウシンJV錠はこちらの公式サイト限定で、初回を通常価格の半額で手に入れる事ができますよ。

 

 

リョウシンJV錠 解約


 

確定申告の医療費控除にリョウシンJV錠は使えるのか説明します関連ページ

リョウシンJVに含まれている成分とその効果
リョウシンJV錠の効果はどのように検証すればいいのか? 医薬品ですから、成分を分析するのが1番効果的でしょう。 ではリョウシンJV錠の有効成分はどんな内容なのでしょう。
リョウシンJV錠を服用する事での副作用の危険性とは?
医薬品であるリョウシンJV錠にも副作用の心配はあるのかと気にされている事も多いことでしょう。 リョウシンJV錠の副作用にはどんな危険性があるのでしょうか?
リョウシンJV錠 解約は自由に行えるの?事前に知っておきたい!
リョウシンJV錠をお試しして気に入った場合、定期購入に切り替えて安く継続する形にされると思います。とは言え、定期コースにされる前に、解約方法について知っておきたいですよね。この方法について解説します。
リョウシンJV錠で注意すべき副作用〜飲み合わせの危険性〜
通販番組やコマーシャルでも評判のリョウシンJV錠。 副作用のリスクは低いとされていますが、飲み合わせによって副作用が起きるという事はないのでしょうか?
リョウシンJV錠〜痛み止めや鎮痛剤との併用は平気?安全性について
リョウシンJV錠は気になっているけれど、鎮痛剤を使っていても使えるの? そんな疑問にお答えしましょう。
リョウシンJV錠は本当に効き目があるの?実際に使ってみての感想
医薬品として高い効果を発揮してくれるというリョウシンJV錠ですが、本当に効果があるのかという事は重要なことですよね。 実際のところ、リョウシンJV錠は本当に関節痛を改善できるのでしょうか?
多くの人が利用している2chでリョウシンJV錠はどのような評価?
情報を集める時は2chを利用しているという人は以外に多いです。 ではリョウシンJV錠について調べた場合、その評判はどのようなものになっているのでしょうか?
リョウシンJV錠を使えるのは大人だけ?〜子供の服用について
子供でも関節が痛んだり疲労が溜まったりします。 そんなときにリョウシンJV錠は効果的なのでしょうか? リョウシンJV錠を子供が服用する上での注意点についてまとめてみました。
リョウシンJV錠とアリナミンは同じなの?〜ジェネリック商品〜
リョウシンJV錠は医薬品として認められていますから、ジェネリック医薬品があるのではないかと気になっている人もいるでしょう。 実際はどうなのかということを解説させていただきます。
口コミサイトの@コスメでリョウシンJV錠の評価とは?
他の人の感想を調べるために、アットコスメを利用しているという方は多いでしょう。 リョウシンJV錠の評判についてもアットコスメで調べてみたのですが、その結果はどんなものだったのでしょうか?
リョウシンJV錠の添付文書を見れば何がわかるの?
リョウシンJV錠の口コミを見ていると、「添付文書」という言葉をよく見かけます。あまり聞かない単語ではありますが、 一体添付文書とは何なのか、その真相をお話ししています。
ブログでも注目の的!リョウシンJV錠がたくさんの人に愛される理由
テレビのCMでもよく見かけるリョウシンJV錠は、ブログでも注目の的となっています。 どうしてリョウシンJV錠はそこまで高く評価されているのでしょうか?
リョウシンJV錠の評判はいい?悪い?気になる世間の評価とは
リョウシンJV錠の評判はどのようなものなのかという事は、商品を選ぶうえで最重要事項となってきますよね。 今回は販売元である富山常備薬グループについての評判も合わせて、リョウシンJV錠の評判についてお話しています。