リョウシンJV錠 ラークセブン

徹底比較!リョウシンJV錠とラークセブンは何が違う?

リョウシンJV錠 ラークセブン

 

 

ドラッグストアなどにこそ販売されていないものの、TV通販やCM、新聞やネット広告などで見かけることが多いリョウシンJV錠。幅広い神経や関節の痛みに、効果を発揮してくれるとして高い評価をされています。

 

 

そして同じように関節の痛みに効果があるとして挙げられるのは、まだ販売されて間もないラークセブンです。
実はリョウシンJV錠とラークセブンは効果や効能などを見てみも共通している点が多いため、比較されることが多いのです。アリナミンEXプラスに関しては前から比較される事が多い事で有名でしたが、この商品は新発売という事で知らなかった人もいるかもしれませんね。

 

 

同じような効果を持つ商品であれば、より効果が期待できる方を使いたいと考えるのは当然のことですからね。
果たしてリョウシンJV錠とラークセブンは何が違い、どちらの方が効果的なのでしょうか?

 

 

私も、もしラークセブンにもしリョウシンJV錠以上の効果が期待出来、価格も優しいとしたら検討してみたいと感じ、両商品の違いについて調べてみる事にしました。

 

 

ラークセブンってについて見てみよう

リョウシンJV錠 ラークセブン

 

 

そもそもラークセブンはどんな会社が販売している商品なのでしょうか?
ラークセブンを販売している会社は、あのグルコンEX錠でもお馴染みの日本薬師堂なのです。

 

 

医薬品や健康器具、健康食品などを通販中心に販売している会社であり、代表商品であるグルコンEX錠も、リョウシンJV錠やラークセブンと同じ、関節に効果が認められた医薬品という事で、名前を聞いた事があるかもしれませんね。

 

 

そんな日本薬師堂から、グルコンEXの後に新発売されたラークセブンは当然ながら、古いグルコンEXよりも遥かに高い効果が期待されるものなのだと思いますが、リョウシンJV錠との具体的な違いについてはどの様になっているのでしょうか?

 

 

リョウシンJV錠とラークセブンの大きな違いとは?

リョウシンJV錠 ラークセブン

 

 

医薬品での違いと言えば、服用方法や配合成分ですよね。特にリョウシンJV錠と言えば一日一回の服用で良いというメリットがあります。

 

 

調べてみた所、ラークセブンも1日1回の服用で済むように作られている事が分かりました。この点はリョウシンJv錠と同じという訳ですね。

 

 

それでは、最も肝心とも言える、成分の構成についてはどうなのでしょうか?配合されている成分が大きく違っているのでしょうか?実際にチェックしてみましょう。

 

 

リョウシンJV錠の主成分

 

フルスルチアミン(ビタミンB1誘導体)109.16r
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)100r
シアノコバラミン(ビタミンB12)1,500μg
トコフェロールコハク酸エステルカルシウム(ビタミンE)100r
パントテン酸カルシウム 30r
ガンマ−オリザノール 10r

 

 

ラークセブンの主成分

 

フルスルチアミン塩酸塩(ビタミンB1誘導体)109.16r
ピリドキサールリン酸エステル水和物(活性型ビタミンB6)60r
シアノコバラミン(ビタミンB12)1,500μg
コハク酸-d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)100r
ニコチン酸(ナイアシン)30r
パントテン酸カルシウム 30r
ガンマーオリザノール 10r

 

ご覧になってみて、首をかしげてしまった方もいるのではないでしょうか?そう、配合成分にも大きな違いはないのです。

 

 

ラークセブンのビタミンEは天然型ということや、リョウシンJV錠にがビタミンB3であるナイアシンが含まれていない事、ビタミンB6リョウシンJV錠の方が豊富に含まれているというような細かい違いはありますが、成分を比較する上での大きな違いはありません。

 

リョウシンJV錠の利点は気軽に試せるという事

リョウシンJV錠 ラークセブン

 

 

これまでお話してきた通り、リョウシンJV錠とラークセブンには大きな違いは見受けられませんでした。
という事は、痛みに対する効果もそれほど変わりがないという事なのでしょうか?

 

 

もちろん、実際の違いに関しては、あなたの身体で実感出来るかどうかが最も大切です。
そういった事を考えれば、実際に試してみる事以外、その違いを判断する事は出来ません。

 

 

しかし実際に使ってみるとなると、気軽に試すことができる方がいいに決まっていますよね。
ですから価格や気軽に試しやすさについて調べてみることにしたのです。

 

 

ラークセブンは「定期お届けコース」に申し込んでいただくと、初回は1490円で手に入れることができます。
しかし単品で購入するとなると、その特別価格は適用されず、通常価格の3900円で購入する事になってしまいます。
ここがリョウシンJV錠との決定的な違いです。最初から定期購入を強制されるのです。

 

 

定期コースで申し込んだ場合、どういった事が舞っているでしょうか?
中止したい場合は解約の手続きをしなければいけませんから、面倒くさいと感じる方もいることでしょう。
それに解約を忘れてしまえば、いつまでもお金を払い続けなければなりません。まだ使った事も、効果を感じる事も出来ていない物に対してこれだけのリスクを抱えるのは、正直キツイですよね。

 

 

対してリョウシンJV錠は、単品で購入されたとしても、初回の特別価格は適用されるのです。
ですからまずは初回半額の1ヶ月分を手に入れ、効果を実感できてから定期コースに申し込んでも問題はないのです。

 

 

ラークセブンと違い、気軽に始めることができるリョウシンJV錠はこちらの公式サイト限定の販売となっています。
まずは半額で購入してゆっくりと一ヶ月、リョウシンJV錠のあなたへの効果を確かめてみると良いですよ。

 

リョウシンJV錠 ラークセブン


 

 

徹底比較!リョウシンJV錠とラークセブンは何が違う?関連ページ

腰痛や筋肉痛に効果があるリョウシンJV錠と痛散湯の違いとは?
痛散湯は神経痛や腰痛に効果があると言われているけれど、リョウシンJV錠と何が違うのだろうと気になっている人は多いかもしれませんね。。 今回はリョウシンJV錠と痛散湯を比較し、その違いをまとめてみました。
リョウシンJV錠の代わりに使う事ができる類似品があるの?
アリナミンEXプラスはリョウシンJV錠の類似品であり、もっと手頃な価格で購入できる。 そんな口コミをよく見かけます。 しかし本当にアリナミンEXプラスはリョウシンJV錠の代わりに使えるような商品なのでしょうか?
リョウシンJV錠とグルコンEX錠プラス、優れているのはどっち?
関節痛の痛みを緩和するとして高く評価されているリョウシンJV錠とグルコンEX錠プラスですが、どちらの方が優れているのでしょうか? 共通点や相違点について調べてみました。