リョウシンJV錠 グルコンEX

リョウシンJV錠とグルコンEX錠プラス、優れているのはどっち?

 

 

神経や関節の痛みは、症状が悪化すると生活に支障が出るようになり、さらに症状が悪化してしまうという悪循環をもたらします。ですから、早めに痛みを緩和してくれるような薬を飲んで対策を立てるのが大切なのです。

 

 

そしてその対策として高い評価をされているのが、富山常備薬グループが販売する「リョウシンJV錠」と日本薬師堂が販売する、「グルコンEX錠プラス」です。どちらもよく耳にする名前ですから、既にご存知の方も多いでしょう。

 

 

膝や肩、腰などに起こる関節痛を改善してくれるとされている、グルコンEX錠プラスやリョウシンJV錠ですが、果たして中身は同じようなものなのでしょうか?2つの共通点や相違点について、調べてみることにしました。

 

 

リョウシンJV錠とグルコンEX錠プラスの共通点:医薬品である

 

 

リョウシンJV錠とグルコンEX錠プラスの大きな共通点と言えば、どちらも医薬品として効果効能が認められているという事でしょう。サプリメントはどこかの機関に効果を認められているという事はありませんが、医薬品は国から効果を認められているという事ですから、安心して使う事ができるでしょう。

 

 

しかし、医薬品ですから副作用もゼロという訳ではなく、用法や用量はしっかりと守って、サプリと比較すれば慎重に服用していただかなければいけません。それくらい痛みに作用してくれる成分がしっかりと配合しているからこそ、医薬品として認められているという事なのでしょうね。

 

 

ただ、処方薬や第一類医薬品と違い、一般に販売できる『第三類医薬品』に分類されている両商品ですから、使用する上で、それらの医薬品よりも安全であるという事は間違いないでしょう。

 

 

ですから「副作用が起こるんじゃ・・・」と必要以上に気にされる事はありません。もしあなたが、何かの薬を他に服用されている場合は、心配されるようでしたらドクターに相談されてもいいかもしれませんね。

 

 

危険性もそれなりに大きくはなりますが、グルコンEX錠プラスもリョウシンJV錠も、サプリメントでは得ることができない効果を期待できる商品だと言えるでしょう。

 

 

有効成分から見るリョウシンJV錠とグルコンEX錠プラスの違い

 

 

グルコンEX錠プラスもリョウシンJV錠も、関節痛の痛みを緩和してくれる医薬品ですが、有効成分が同じだという訳ではありません。それぞれの方の体質などによって、効果の出る成分は変わってきますから、グルコンEX錠プラスとリョウシンJV錠のどちらが効果的なのかという事は、人によって変わってきます。

 

 

リョウシンJV錠はシアノコバラミンが痛みを緩和し、トコフェロール酢酸エステルが血行を促進、そしてフルスルチアミン塩酸塩が栄養補給を行ってくれます。その他にも3つ有効成分を加え、合計6種類の有効成分が配合されています。

 

 

対してグルコンEX錠プラスは新陳代謝を促進するチアミン硫化物が痛みを緩和し、ビタミンEコハク酸エステルカルシウムが血行促進をして痛みを和らげます。あと2種類の有効成分加え、合計4種類の有効成分が配合されています。

 

 

このように配合されている成分は全く違っていますから、私のようにグルコンEX錠プラスもリョウシンJV錠もいずれも効果があったという方もいますし、どちらか一方しか効果を感じることができなかったという方もいるのです。

 

 

自分に合っているのかという事は自分にしか分からない事ですから、口コミの意見に左右される事は、意味がある様でほとんど無いといえます。まずは自身の身体で、試してみるのが得策だと言えるかもしれませんね。

 

 

最初に使うのは続けやすい商品から

 

 

しかし、まずは使ってみるとは言っても、、お金を支払う事には変わりありませんから、なるべく経済的に負担がかからないものを使いたいと思うのは当然のことですよね。

 

 

ではリョウシンJV錠とグルコンEX錠プラスでは、どちらの方が続けやすい商品なのでしょうか?どちらの商品も、単品購入と定期購入を選ぶことができ、定期購入の方が割引されているためお得に購入することができます。

 

 

グルコンEX錠プラスの定期購入なら、初回の1ヶ月分は1980円(送料無料)となっています。しかし2回目以降の価格を見た場合、通常価格から10%しか割引されておらず、6458円で購入することになります。

 

 

対してリョウシンJV錠は初回1ヶ月を1900円で購入でき、さらに商品と一緒に同封されてくるハガキを使えば、1ヶ月分を送料無料の2808円で購入できるおまとめ定期コースを利用することができるのです。おまとめ定期コースにも5種類あり、それぞれ価格も変わってきますから、あなたに合ったプランを選んでくださいね。

 

 

そうした面を考慮すれば、もし続けて使っていく事を考えた場合、コストパフォーマンスの良いリョウシンJV錠から始められるのが賢いかもしれませんね。

 

 

ただリョウシンJV錠にはグルコンEXとは違い、坐骨神経痛に対して医薬品として効能が認定されている商品ではありませんので、もしあなたが坐骨神経痛の痛みを改善したいと考えている場合は、グルコンEX錠プラスを試されるのが良いでしょう。

 

 

>>グルコンEX1980円はこちら<<

 

 

リョウシンJV錠 グルコンEX


 

 

リョウシンJV錠とグルコンEX錠プラス、優れているのはどっち?関連ページ

徹底比較!リョウシンJV錠とラークセブンは何が違う?
関節痛や神経痛に効果があるとされているリョウシンJV錠とラークセブンですが、効果や効能に違いはあるのでしょうか? より効果が期待できるものを使うために、その違について見てみることにしましょう
腰痛や筋肉痛に効果があるリョウシンJV錠と痛散湯の違いとは?
痛散湯は神経痛や腰痛に効果があると言われているけれど、リョウシンJV錠と何が違うのだろうと気になっている人は多いかもしれませんね。。 今回はリョウシンJV錠と痛散湯を比較し、その違いをまとめてみました。
リョウシンJV錠の代わりに使う事ができる類似品があるの?
アリナミンEXプラスはリョウシンJV錠の類似品であり、もっと手頃な価格で購入できる。 そんな口コミをよく見かけます。 しかし本当にアリナミンEXプラスはリョウシンJV錠の代わりに使えるような商品なのでしょうか?