リョウシン CM

なぜ澤穂希はリョウシンJV錠のCMに出ようと思ったのか?

リョウシンJV錠 CM

 

 

現在のリョウシンJV錠のテレビCMには、あの日本女子サッカーで有名な澤穂希さんが出演されていますよね。
澤穂希さんと言えばとても有名な方ですから、名前をお聞けば顔が思い浮かぶという方も多いはずです。

 

 

最年少代表デビュー記録や最年少得点記録、日本の女子サッカー界で初めての海外移籍など、プロ選手として女子サッカーが注目されていなかった時代から活躍し、知名度やその実力も牽引してきた澤さんは、いまや国民的英雄となっていますね。

 

 

そんな澤さんが、リョウシンJV錠のテレビCMに出演しようと思われるきっかけになったのは何なのでしょうか?
きっとリョウシンJV錠のCMを通じて、私達に伝えたい想いというものがあるはずですので、その想いについて今回はお話していきましょう。

 

 

まずは澤穂希さんについて知ろう

リョウシンJV錠 CM

 

 

澤穂希さんはそれまでも、なでしこジャパンのエースでありキャプテンでしたが、世界一にまでのし上げた英雄的存在となったのは、何といってもワールドカップを優勝に導いた事でしょう。

 

 

1993年に、わずか15歳で代表初選出されたというのは、驚異的な記録ですよね。
男子で言えば、かつての森本選手や現在の久保選手が、Jリーグの試合に出てマスコミに騒がれていたのが15歳です。
男子では、やっとリーグ戦に出ただけで大騒ぎされていた年齢で、澤穂希さんは代表デビューしていたのです。

 

 

澤さんは最初から、天才的なサッカーの才能を開花させていたそうです。
しかし体力や精神力が伴って一流となれる訳で、才能だけでは一流にはなれません。
澤穂希さんの精神力や体力を高めたのは、当時の日本の環境でした。

 

 

リョウシンJV錠 CM

 

 

というのも、当時はまだ、やっと男子サッカーはアマチュアからJリーグへとプロ化したばかり。
まだまだ男子のスポーツ、というイメージを払しょくしきれず、サッカー選手をカッコいいと憧れる女子はいても、自分もサッカー選手になりたい!という女の子はほとんどいなかったのです。

 

 

ですから必然的に、男の子たちと一緒にサッカーをすることがほとんどだった澤さん。
男子と同じ環境で練習を続けてきた環境が、澤さんの体力面やメンタル面を向上させる土台となっていたのでしょう。

 

 

それから引退されるまで、澤さんの活躍は留まることはありませんでした。

 

 

1番有名な活躍は2011年のFIFA女子ワールドカップドイツ大会でしょう。
見事日本は優勝し、多くの方の感動を呼びました。

 

 

オリンピックとワールドカップで宿敵米国と再戦

リョウシンJV錠 CM

 

 

 

日本中が歓喜に沸いた年から2年後、日本はワールドカップ優勝に続き、オリンピックに挑戦しました。
しかしそこに立ちはだかったのは、ワールドカップ決勝でも激戦を繰り広げた、最大のライバルであるアメリカです。
決勝戦で再び米国と対峙し、今度は残念ながら敗れてしまったのです。

 

 

そして、それから更に2年後の2015年。
2015年のFIFA女子ワールドカップカナダ大会は、連覇のかかる大会でした。

 

 

そんな覚悟を持った澤さん率いるなでしこジャパンは順調に決勝まで勝ち上がりました。
決勝はやはり、永遠のライバルであるアメリカとの対戦。
三たび、国際舞台の決勝戦で、宿敵である米国と対戦する事となったのです。

 

 

結果は敗退・・・
日本は連覇を逃し、準優勝という結果になったのです。
その試合、澤さんは途中から出場されており、最後まで諦めずにピッチを走り回っていました。

 

 

ワールドカップ決勝!連覇のための大事な一戦で左ひざ関節の負傷、そして引退

リョウシンJV錠 CM

 

 

実はその決勝戦の最中に澤さんは、左足の膝関節を負傷してしまっていたのです。
試合後、膝の違和感と腫れを感じた澤さんは、すぐに処置をして帰国後にちゃんとした検査を受けたそうです。
その結果、「左膝関節炎」であるということが分かったのです。

 

 

ワールドカップが終わった後、澤さんは結婚を発表、そして現役を引退されたのです。
その後は子供も授かり、まさに女性としての幸せを手に入れた澤さん。

 

 

引退を決めたのは結婚という理由もあるかもしれませんが、膝の痛みを抱えながら今までと同じレベルをキープして、プレイし続けるということが難しいというのがわかったからこそ、引退をされたのかもしれませんね。

 

 

澤穂希さんがCMで支持しているリョウシンJV錠

 

 

膝関節の痛みは症状が落ち着いたとしても、その後に再び痛みを生じてしまう可能性がとても高いのです。
そのため痛みが治まったとしても、しっかりとケアをしてあげる事が大切になってきます。

 

 

澤さんは2015年のワールドカップの決勝戦の際に、ひざ関節を一度負傷していますし、さらには現役時代にはかなり関節に負担をかけていたことでしょう。

 

 

ですからこれからもずっと膝関節のケアを続けていく事になるのです。
そして、澤さん以外にも関節の痛みに悩んでいるという方はたくさんいらっしゃいます。

 

 

そんな方たちにぜひ知ってほしいと、澤さんはリョウシンJV錠のCMに出演されています。
CMを拝見しても、リョウシンJV錠を知ってもらう事で、多くの方の痛みを救いたいという思いが伝わります。

 

 

リョウシンJV錠は初回半額で購入できるため、気軽に試していただくことができます。
さらに、継続して使用しやすいようにと定期購入を選択することもできます。
関節の痛みを、少しでも改善したいという方はぜひ一度お試しください。

 

 

初回半額でリョウシンJV錠を試すことができるのはこちらの公式サイトになっています。

 

 

リョウシンJV錠 口コミ


なぜ澤穂希はリョウシンJV錠のCMに出ようと思ったのか?関連ページ

どうしてリョウシンJV錠と名付けられたのか?その由来とは
一体リョウシンJV錠ってどういう意味なの?と不思議に思っている人も多いことでしょう。 実はここには2つの意味が込められていたのです。
リョウシンJV錠のJVとは一体何の略?意味に込められた感動秘話
リョウシンJV錠という名前は知っているけれど、そこにどんな意味があるのか知らないという方も多いでしょう。 今回はリョウシンJV錠に込められた意味についてご説明しています。
リョウシンJV錠はどんな製造元で作られているの?調査しました
販売元である富山常備薬グループの想いと、製造元である大和製薬株式会社の技術が合わさってリョウシンJV錠は誕生しました。 普段はあまりスポットを当てられない、製造元である大和製薬株式会社について調べてみました。
リョウシンJV錠を待ち望む人たちが気になる発売日とは?
キミエホワイトを代表商品とする富山常備薬グループから、初めて関節痛や神経痛をケアしてくれる商品が販売されます! その気になる発売日はいつなのでしょうか?
リョウシンJV錠を生み出した富山県ってどんなところ?
リョウシンJV錠を販売している富山常備薬グループのように、富山県を拠点としている製薬会社や医薬品販売会社は数多くあります。 そんな富山県はどんな魅力がある場所なのでしょうか?